So-net無料ブログ作成
検索選択

何故盗作は許されるのか、KAT-TUN盗作問題を受けて。 [エッセー]

歴史上最高のピアニストと言われるショパンは、ベートーベンの月光の影響を受けていると言う理由から最も美しい曲を封印してしまいました。
死後その曲は発表されましたが、なるほどショパンが即興曲とだけ名付けたその曲は月光の影響を受けているように聞こえます。
しかし、その曲は非常に美しかったのです。

今回は理系脳であるか、ある程度音楽に興味があるかどちらかでなければ理解しにくい内容が含まれる可能性もありますのでアシカラズ。
文系脳かつ、音楽等日常的に聞くもので無いと言う人は何が書いてあるのか理解できない可能性があります。

さて、KAT-TUNと言うアイドルグループがいることは有名ですね。
このKAT-TUNはアイドルなのですが、アーティストのまねごとをし曲を発表しました。
当然自分で曲を作れるわけでもなく、アーティストの曲をコピーしそれに歌詞を当てただけのものでした。

コピーされたアーティストは、CDを発売してるとは言えメジャーレーベルでなくインディーズでした。

KAT-TUNの新曲がボカロ人気曲にそっくり? 作者「ショックすぎる」<ITmedia News 11月30日(火)>
男性アイドルグループ「KAT-TUN」の11月発売の新曲が、2月に発表された人気VOCALOIDクリエイターの曲にそっくり──こんな感想が Twitterなどで広がっている。
自作曲と聴き比べたボカロ曲の作者は「ショックすぎる」とブログにつづり、曲を聴き比べたユーザーからの応援コメントが多数投稿されている。
似ていると話題になっているのは、11月に発売されたKAT-TUNのシングルCD「CHANGE UR WORLD」通常版に収録されているカップリング曲「NEVER x OVER ~「-」 IS YOUR PART~」と、AVTechNO!(アドバンステクノ)さんが2月にニコニコ動画に投稿した巡音ルカの楽曲「DYE」。
DYEはAVTechNO!さんの代表曲として、CD化されてAmazonなどで販売されているほか、iTunes Storeでも配信されている。
AVTechNO!さんは最近、自作曲をすべてニコニコ動画から削除していた。ブログによると、楽曲の削除後に「DYE」へのコメントをチェックしていたところ、KAT-TUNの曲と似ているという内容のコメントがあり、実際に聞いてみて「うわっ...そっくりだ」と驚いたという。
「もちろん、ぼくは何の承諾もしてないし詳しい事もわからない。どういうことなんだろう....」「ショックで、ショックで ショックで ショックすぎる...」と困惑している様子だ。
ブログにはユーザーからのコメントが多数投稿されており、「聞き比べてみたら、似てるどころのレベルではないですよね…」「出だしからサビまでかなりかぶっていましたね」といったコメントが寄せられている。
Togetterでも、聴き比べたボカロクリエイターの反応ツイートがまとめられている。【ITmedia】


盗作であるかどうかに興味がある方は、聞き比べ等でなく、同時に流してある動画などがアップされているのを聞いてみると良いかと思います。
全く同じパターンで、全く同じタイミングで歌を歌う様は、あたかも一つの楽曲を聞いているかのようでした。

心ない人が、アイドルグループのKAT-TUNを責めるような書き込みを多く見ました。
しかし、アイドルとアーティストはそもそも相いれない存在であることを、忘れてはいけません。
比較してみるとわかりますが、アイドルの作る歌詞が非常に稚拙であり、アーティストのそれは非常に完成されていることからも、そもそも同じ土壌で考えるべきでない事は言うまでもないでしょう。

また盗作疑惑と言う発言も見られましたが、理論的に盗作であることが100%疑いようの無い場合において、疑惑と言う言葉はなじまないのです。
従って、KAT-TUN盗作疑惑と言う見出しは、間違いです。
盗作問題としましょう。

さて、そうはいっても盗作には二つの社会的な責任が付きまといます。
一つは道義的責任と、もう一つは法的責任です。

簡単な道義的責任から考えてみましょう。
個人的にここで最も杞憂するのは、子供たちへの悪影響です。はっきり言ってこの部分が最も顕著かつ最悪だと思います。
情報社会を迎える現在、たった100km情報を伝搬するだけで1日かかっていた時代と違い、情報の距離は0となりました。
更に、情報にアクセスすることが非常に簡単になっている為、小中学生の作文などの入賞作がほぼコピペである事も特に珍しいことではなくなってきているようです。
ここでアイドルとアーティストの対立と、全く同じの対立が出来上がっている事に注意を払うべきなのです。
即ち、片方は自分の知恵で何かを作り上げ、もう片方は誰かの知恵で何かを作り上げると言う事です。
どちらの方が正しいのかは、非常に議論の分かれるところです。
自分の知識となりうる情報に触れる機会は全て学習であり、その情報をもとにした知識が知恵の源泉であるからです。

では、コピペの何が悪いのでしょうか。

官僚は天下りすれば、WIKIPEDIAをコピーするだけで3億円貰えますし、アイドルは盗作しても何事もなかったかのようにふるまえます。

昔はそれでよかったのかもしれません、インディーズの楽曲を丸々盗作したところでその情報は100kmで丸1日かかっていました。
その間に情報の価値も薄れ、誰の耳にも記憶にも残らなかったからです。

しかし、今は掲示板やツイッター、Blog等により、一瞬で世界中に情報が流出するのです。
従って、まだ価値のある情報としてアイドルが盗作したことが世界中を駆け巡るのです。
これをマスメディアは当然のように隠蔽すると言うことは、子供たちにとって盗作が正義だと勘違いするには十分な要件を備えていると言えるでしょう。

残念ながら私は、コピペや盗作が正義だと言う事に反論するすべを持ち合わせてはいません。
学習の基礎は、トレースですので一概にコピペが悪いとも言えないのです。
多くの音楽のコンクルでは、だれかの曲を弾きます。
しかし、コピーがダメだと言うコンクルに、コピーを出せる子供たちを育てる一端を強くになっていることは、正義とはとても思えないのです。
「盗作は悪いことだが、アイドルがすれば大マスコミ守ってくれるって事はいいんじゃね?官僚になれば、コピペで3億円貰えるからそれで良いじゃん」と言うことになるのです。
恥の社会は終えんを告げ、利己主義が蔓延する現代社会では、これが正義と置き換わっていてもとがめる者はいません。

これでは、自分で考える知恵を持つ子供が評価されず、コピペのみを行う知恵を持たない子供たちが評価されることになるのです。

なーんだ、今の大人の社会と一緒じゃね?(笑)

さて、次はもう一つの法的責任となります。
ここも結構問題で、残念ながら日本の司法は専門家の意見を全くとりいれない上に、裁定を下す裁判官が強いものに巻かれます。
インディーズのように、負けると裁判費用だけで破産してしまいそうな上に、アイドル事務所に比べ遥かに弱い立場にある人々は裁判を受ける自由すら禁じられています。
もう一度言います。裁判官は、専門家の意見を聞かず、強い意見のみを聞きいれます。

盗作と言うのは非常に難しく、少しでも音楽に触れたことがある人か、理系の人でなければ理解できないのです。
二つの楽曲が同じタイミングで入り、似せようとして似せれるものではありませんし、同じ音を奏でる事は理論的にあり得ないのです。
即ち、ほぼ同じ楽曲を別の人間が盗作をせずにコピーすることは絶対に不可能なのです。
少し考えればわかると思うのですが、あなたが今日たった1日ですが、その1日を体験した人はいますか?
もっと簡単なたとえでは、音楽に比べて遥かにパタンが少ない本でたった1ページ全く同じ本は存在しうるでしょうか?
絶対にあり得ないのです。

しかし、理論的にはあり得ないが、論理的に0でないと言う非常に難しい問題があるのです。
仮に1000人の専門家が絶対に盗作だと言ったとしても、裁判官が強いマスコミに流されることは大いに考えられるのです。
破産するかもしれませんし、逆に名誉起訴で訴えられるかもしれません。
もちろん稀に勝つこともあるかもしれません。しかしリスクが大きすぎるのです。
そんなリスクを負って、アイドル事務所を訴える事が出来るインディーズがいるとは思えませんし、アイドル事務所ににらまれると困る大マスコミは絶対に報じません。

つまり、日本司法の意見としては、インディーズなんて盗作されても当然だし、むしろ日の目を見れるだけでもありがたく思えよ。
と、こういうことになるのです。

コピペ社会が悪いかどうかはわかりませんが、メディアが報じない事に呆れる気持ちもあります。
答えを出すのは非常に難しいでしょう。

ショパンは即興曲を作るときに、本当に一瞬で作ってしまったのでしょう。
確かに似ている部分もありますが、のちに幻想と言う名を冠するだけの素晴らしいものでした。

ただのコピペ社会では、一生追いつけない、まさに幻想なのでしょう。



nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 8

通りすがり

本当に憤りを覚えました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12897980
を聞いても分かる通り、まるで1つの曲に聞こえてしまう
同化のしよう。

ジャニーズ事務所と1個人作者では圧倒的な不利ですが、
ネットが普及した今 そんな事が通じるのか?

今回の事はいろいろと考えさせられました
by 通りすがり (2010-12-03 17:34) 

Reveryearth

>>通りすがりさん

リンクありがとうです。
ネットがいくら普及しようとも、ウィキリークスのように正義を追及するサイトが登場しようとも、現実にどれだけ反中デモが広がってネットで騒がれようとも。
大マスコミは情報操作を行い、報じないニュースすら多くあります。
日本のようにネットで情報を集めると言う行為が普及していない国では、正義よりも大マスコミの報道のみがすべてなので残念ながらジャニーズが勝つのでしょうね。
悲しい限りです。
by Reveryearth (2010-12-05 17:35) 

kat-tunファン

kat-tunさんわ、そんな事しません。
世間が、kat-tunさんの曲ぉ、どぉゆぉうかわ、
ご自由にして下さい。
けど、kat-tunさんの曲に、どーこーゆった人わ、
後で、後悔すると私わ、思います。
巡音ミクさんの曲だから、トカ普通に考えて、
kat-tunさんのほぉが人気でしょ。
ショックですとか、勝手にゆうといてくださーーい笑
by kat-tunファン (2010-12-08 16:47) 

初見

この件はなんだか悲しくなります。
AVTechNO!さんの曲の中で一番好きなDYEが被害にあってしまって・・・。
まぁ盗作に遭うということは皮肉にも、それだけ優れた曲である証明にもなるわけですが。

あと↑のkat-tunファン(本当にファンなのか?)は釣りじゃないんだったら正気を疑います。
僕がkat-tunファンだったら絶対kat-tun軽蔑します。
パクリアイドル(笑)と。
by 初見 (2010-12-08 19:15) 

Reveryearth

>>Kat-tunファンさん
韓国の方でしょうか。変換サイトか何かでコメントされたのでしょう、ありがとうございます。
しかし、私の記事をちゃんと変換出来ていないようで、何についてコメントされているのか理解できませんので返答しかねます。申し訳ありません。

>>初見さん
コメントありがとうございます。
私はどちらもあまり知らないのですが、インディーズ側のファンの方のようですね。盗作の被害非常に残念に思います。

上のコメントの方は、日本語に繋がりが無いため恐らく海外の方の誤翻訳だと思われます。完全に釣りかもしれませんが。釣りでしたらもう少しまともな文章を書くのではないでしょうか。また、ファンが盗作に対し軽蔑するかどうかは、残念ながら少なくとも日本では法的追認のある盗作について、軽蔑に値するかと言う問題から解決しなくてはいけません。1セントでも利益を生めば成功と言う合理的な考え方からは、法的追認がある以上何をしても良いという人間も許容しなくてはいけません。非常に難しい問題ですね。
もちろん、個人的には初見さんの意見に賛同しますが(笑)
by Reveryearth (2010-12-08 23:08) 

通りすがり2号

私は今回の件は盗作いかんの問題を超え社会的な問題としてかなり深刻であると考えます。
あなたの意見同様、この問題は盗作があったかどうかではなく、起こってしまった盗作に対し、社会的にどう責任を負うかの問題と考えられます。力関係からアベテクノさんが会社を訴えることは非常に難しいため、倫理観に依存する部分が多分にあるでしょう。
私達と同様ボーカロイドを好んで聴く方の中にもKAT-TUNを攻撃の的に絞る方もいらっしゃいますが、僕は作曲者および会社側がこれらの責任を負うべきであると感じます。しかし、歌った本人も盗作作品を歌うことで利益を上げた以上、ある一定の責任は果たす必要はあると思います。

しかし、一番の問題は全国で55万人を数えるジャニーズファンの方の中でかなり多くの方が倫理感に外れる考えを持っていることです。
主張の多くに、人気グループにニコ厨ごときがいきがるなというものがあります。では、盗作相手がミスチルであったりB'zであっても同じ理論が通じるのでしょうか?
これはもちろん通じないはずです。もちろんアベテクノさんに対しても同様です。曲という作品を財産として所有する以上、インディーズ、メジャー、知名度は全く関係なく、プライドと労力を持って生み出された立派な知財です。それらをボーカロイドであるからという理由によって、また力を持ったアイドルグループであるからという理由で最初から否定する行為は人道的に明らかに反する行為です。確かに社会的に見ればボーカロイドはまだまだ認知度が低いのかもしれません。そのため、生み出した世界観について、電子音で簡単に作れるコピーアンドペーストだ、一つの曲の持つ価値を希薄にする存在だ、という偏見が多く見受けられます。理工系の人間で有れば、人工合成音の認知、それらの音階に対する単音の設定がいかに難しいかは明白です。しかし、それらを知らない人間にとっては一情報に過ぎないのでしょう。それらの認識の不足から来る偏見を多くの人間が共有認識として持っていること、また弱者であれば何をしてもかまわないという認識を持っていることが大きな問題になります。
今回の件で理にかなわない理を振りかざし、正当な主張を根底から否定する人が多く存在することが露見したのは良い機会だったと思います。私は理工系の人間でアベさんの世界観を愛する者として非常に大きな憤りを覚えましたが、これは今回の問題に限らず潜在的に社会が持つ病巣なのかもしれません。ですので、私は正式な形で謝罪が行われ正しい価値認識が執行される事を切に願います。
by 通りすがり2号 (2010-12-10 02:38) 

KAT-TUNファンへ

kat-tunさんわ
どぉゆぉうかわ、
どーこーゆった人わ、
kat-tunさんのほぉが人気でしょ。
勝手にゆうといてくださーーい笑


日本語が使えない人は死ぬべき。
キチガイに応援されてるkat-tunがかわいそう。
by KAT-TUNファンへ (2011-01-09 13:44) 

Reveryearth

>>通りすがり2号さん
何事もなかったかのように、テレビ等では全く報じないのが怖いですね。
日本人倫理の限界を見たように思えます。

>>KAT-TUNファンへさん
エントリーの中で、私はKAT-TUNを否定も肯定もしておらず、むしろ擁護しているのですが、日本語を読めない人が私のエントリーを勘違いしたのは非常に残念でした。
そして、日本人でこれだけ文章を読めない日本人が存在するとしたら残念ですが、同じ社会に存在してほしくないと言う気持ちには非常に同意できます。
しかし、おそらく日本人ではないのではないかと思うのです。
・・・ジャニーズは韓国等のアジア諸国でも非常に人気があるようですし。
日本語が使えない人でも日本人でなければ【生きて】(笑)
by Reveryearth (2011-01-10 20:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。