So-net無料ブログ作成
検索選択

民主党菅首相、条約違反国家韓国に追い銭へ。 [時事問題:政治]

敗戦国を前提とするのであれば、世界は戦争を肯定しなければなりません。
敗戦国という名前は既に、捨てるべきなのです。
戦後賠償は完全に終わりました。これ以上敗戦国としての地位を共用する国が存するなら、戦争をするほかありません。
戦勝を以ってするほか、敗戦国であり続けないことは不可能なのですから。

それは、敗戦国民にも言える事ですね。
10年間だけのつもりで押し付けた憲法を後生大事に65年にもわたり国の基本法としている国家では、もはや負け犬根性がこびりついているとしか言えないのです。
そして、日本の政府もまさに負け犬ですね。
村山・福田親子と今回の菅に至るまで、どの政党が第一党になっても売国活動はやめないようです。

日韓併合に「反省とおわび」=王朝文書引き渡し―首相談話を閣議決定<8月10日 時事通信>
政府は10日午前の閣議で、日韓併合100年に当たっての首相談話を決定した。談話は、アジア諸国への植民地支配と侵略を謝罪した1995年の「村山首相談話」を踏襲し、「痛切な反省と心からのおわび」を表明。未来志向の日韓関係構築に取り組む姿勢を強調し、朝鮮王朝の主要行事を絵や文章で記録した古文書で、日韓併合後に日本に渡ったとされる「朝鮮王室儀軌(ぎき)」を引き渡す方針も明らかにした。
菅直人首相は日韓併合100年の節目に、首相談話という形で謝罪の意思を改めて明確にすることで、菅内閣のアジア重視の姿勢を示し、日韓関係の進展につなげたい考え。ただ、与野党内には、65年の日韓請求権協定で決着した請求権問題が「再燃しかねない」との慎重論があり、今回の談話には批判も出そうだ。
談話の発表時期をめぐっては、韓国が植民地支配からの解放を祝う「光復節」の15日や、併合条約が発効した29日に合わせた場合、政治的色彩が強まって反対派を刺激しかねないと懸念、避けたとみられる。 


韓国には、現在貨幣価値で言えば少なくとも4.5兆円はくだらない支援をすることで、全ての個人賠償を代理すると言う日韓基本条約を結んだのです。
したがって、個人賠償は行うべきではありません。
しかし韓国は、日本からの支援を個人賠償に使用せず、政府が一極集中で漢江の奇跡と呼ばれる驚異的な経済成長を起こしました。
その後、半日教育を行い、支援は無かったことにし、個人賠償を日本に求めるように仕向けていったのです。
まぁ、国家として自国の利益を最優先するのは当然のことですので、韓国政府の行ってきた条約違反も仕方ないものだとも言えます。
むしろ、それに対して、日本政府は条約違反を全く無視し、謝罪を続けるという奇行に出ています。
もちろん謝罪自体悪いことではありません。しかし、謝罪を続けることは友好関係を築くための礎となるとは到底考えられません。

反省とおわびが必要なのは、条約違反をしたうえに、竹島を実行支配している世界の狼藉者ではないのでしょうか。

世界の元敗戦国は、自国の利益を最優先とした外交を始めています。
日本だけがいつまでこのようなことを続けて行くのでしょうかね。

敗戦国根性と持つということは、戦争を肯定しているということです。
日本は敗戦国だという人は、戦争万歳と言っている事を理解すべきです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1