So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

アディーレ2ヶ月業務停止と東芝問題。 [日記・感想]

左翼活動家達は、国民に寄り添う事がとても嫌いなようです。

まさにこのように、国民に寄り添うことを嫌う団体の事件が、同時にニュースに取り上げられたのは、とても興味深いですね。

左翼活動家達の類似点は、ふんぞり返って社会活動をしているふりをして楽してお金を稼ぎたいという思想です。
多くのマスコミ然り、今回の弁護士会及び経団連がその最高峰でしょう。
外にも農協及び医師会及び教育委員会等、至る所に見受けられます。

さて、同時にニュースに取り上げられた、紹介したい事件は以下の2つです。

1,アディーレについては、広告の内容が不公正であった為、2ヶ月の業務停止となった。

2,東芝は明確な不正会計(利益の水増し)を行った上に、適正な会計書類を出せなかったにも関わらず上場廃止を免れた。



弁護士会というのは、弁護士が国民に寄り添って弁護活動をすることを著しく嫌います。
過去にも、司法制度改革で、弁護士を増やそうと国民が求め、実現しそうになりました。
すると、弁護士会は、人数が増えていてはふんぞり返って仕事が出来なくなるじゃないかと強く反対し潰しました。

違法な利息を奪われ、違法な国家の予防接種によって肝がんを患い、違法な過剰労動をしいられ、国民が困っていて、それを救済し情報を共有し、格安で事件処理をする。
東にそんなアディーレがいれば、毎日懲戒請求をせっせとするのが弁護士会中枢弁護士の仕事なのです。

格安で事件処理をされたらこまるのです。
ガイアの夜明けで紹介されたように、農協がバターの価格を維持するために、格安バターを作る農家を村八分にして事実上格安バターを作れなくするようなものですね。

そして彼らは、アベガーアベガー。戦争法案反対。と必死に国民に対して全く寄り添わない話ばかり繰り返すのです。そして、過払いなんて弁護士の仕事じゃない!といいつつ、司法書士が稼いでいると、また懲戒請求をせっせとする。司法書士の懲戒請求の殆どが弁護士から行われることは、有名な話ですね。

残念ながら、私が今まで見た弁護士会の「偉い」弁護士はそういう人間ばかりでした。
逆に若い、弁護士会から離れている弁護士達で、とても素晴らしい弁護士を沢山知っています。
もちろん、人数が増えたら営業大変になるから増えない方がいいよねーとはいいますが(笑)

そして今回は、明確な比例原則違反とも言える、懲戒を行いました。

弁護士業務停止は、所謂死刑のような制度です。
たかだか広告の内容が著しくとは言えない程度に不公正だっただけで、死刑にするのはありえない話です。
これにより、数万人の「国民」が突然目の前が閉ざされます。
肝がんで和解を待っている事件の処理も今すぐに停止します。
そして今からまた1年も2年も先の解決を待つのです。
そして、アディーレの3倍もするような弁護士会の息の掛かった弁護士たちに依頼をせざるを得ない場合もあるでしょう。
彼らが生きている内に和解ができることなんて、弁護士会の弁護士達にとっては取るに足らない事なのでしょう。

むしろ死んだほうが人権問題としてアベガーアベガーと言えるとでも考えているかもしれませんね。

ここでのワンポイントは、比例原則違反です。

次に、東芝不正会計問題については、何故上場は維持されるのか。
何故誰も逮捕されないのかです。

ホリエモンという人が、「利益の付替え」を行い上場廃止され逮捕されたのはとても記憶に残っているでしょうか。
個人的に私も余り好きじゃないので、彼が逮捕されてもなんとも思わなかったのですが、利益の付替えをしただけで逮捕され上場廃されたのです。
これより著しく犯罪性の高い、「利益の水増し」を行ったのに上場廃止もされず、誰も逮捕をされていない。

ホリエモンが、不公正な方法でお金を稼いだのは明らかですし、ある程度の批判を受けてしかりです。
しかし、逮捕された上に上場廃止は比例原則に違反します。
また、更に批判を受けるべき東芝が、上場廃止もされず誰も逮捕されないのは、平等原則に違反します。

ここでのワンポイントは、平等原則違反です。


右派も左派もそれなりに理由はありますが、プロ市民とも言える活動家達は右派も左派もキチガイばかりです。
こんな活動家達が日本のルール作りを独占している事に危機感を覚えます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

新しい事業を検討したい。 [日記・感想]

一昔前に、個人事業主だったことがありました。
結構お金も稼げていたのですが、たたんでしまい、最近はずっと雇われ社内ニート(笑)

そろそろ新しい事業を起こしたいなぁ・・・。

っていうか、起こそう!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小卒ニートが考えたこと。 [人間思考思索]

私は小卒ニートです。

いや、でしたというべきです。

小学校までは、1日も休まずに行き続けました。
全く論理的ではありませんが、中学校から行かないことを決めていたからです。

自分で決めていました。

1日たりとも休まずに、遅刻もせずに小学校に行きました。

そして、行くのをやめました。


日光過敏症ということに誰も気づかれず皮膚がただれていた私は、イジメにあっており学校が楽しいと思うことはあまりなかったのです。
たらればですが、両親が私が日光過敏症であることに気付き、太陽から守ってくれていたら何か違っていたのかもしれないとも思うことがあります。
しかし、当時の社会常識では、太陽の光が悪影響を及ぼすなんてことを検討する人間は、医師ですらほぼいなかったでしょう。

イジメについても、残念ながら小・中学生と言うのは、その殆どが知能が発達していないため、思考するに及ばない事がほとんどです。

入水を試みたことありますが、怖くて達成することができませんでした。
子供ながらに、良い選択をしたと思います。

当時の私も当時も彼らも落ち度はなかったでしょう。

友人もいましたが、数少ないものでした。

また、小学校の頃、社会は私が思うよりも理不尽にできている事を感じていました。
特に5-6年に教壇に立っていたのは、左翼運動に必死な頭のおかしな教師でした。
世界史のテキストの近代史のみにほぼ8割の時間を割いていました。
彼らの考えは、子供から見てもおかしいのは明らかでした。
私は学校で学ぶことは何一つない事に気づきました。

そして彼らの教える内容はとても面白くない。
自分で本を読んだほうがマシだったのです。
保身のみを考える教育委員会や、教える技術を教えない事を是とする左翼活動家である教師達の完全なる被害者であったでしょう。
今でも教える技術を磨かない多くの教師が教壇に立っていることを考えると、嘆かわしく思います。

いじめ及び教師に対する不信感。
学校に行く理由をなくすためには十分な理由でした。



こうしてめでたく小卒ニートになりました。



世の中学生が学校に行っている時間、好きな時間に学校に行って図書館で本を読んだり、ゲームセンターに行ったりしていました。
自分が発達障害なのではないかと思い、必死で本を読み漁ったりしたこともあります。
職質に何度もあったのもこの頃です。
今考えたら、警察も仕事をすることがあるのですね。

中卒や高卒のあまり良くないグループと仲良く遊んでいたのも良い思い出です。
小卒は私だけだったので、全員年上でした。

外に出て、好きなことをやるのはとても楽しい時間でした。
漫画を読み漁ったり、ゲームをやったり、たまには科学の勉強をしてみたり。

RPGを1日1本攻略という無茶な計画を立てて、毎日ゲームをやっていた時期もありました。
ゲーム自体は、今でもやらない日はないほどやってますが・・・。
今考えたら恐ろしく時間を無駄にしていました。

お金が欲しくなったので、当時は16歳未満でも許されていた新聞配達をやったりしていました。
今だとさすがに雇うところはなさそうですが、14歳とかでお金欲しいときはどうしているんでしょうかね・・。16歳位までは新聞配達をやっていた気がします。
この時期に3年も4年も自転車で新聞配達をやっていたせいで、足だけ発達したおとなになりました。
今でも足だけでかいです。
そして、毎日ブックオフで漫画や小説を買って読み漁っていました。
当時は安かったんです。全部100円か200円でした。
今見ると、大体定価の50%以上ですよね。良い時代でした。
最終的には3万冊くらいの本があったようです。

ゲームも何百本とありましたが、1度全部盗まれました。
盗まれた日を境に、中卒の悪いグループの1人が地元から引越していったので、恐らく犯人はその人でしょう。
ジーンズに、マジックで膝に「必」って書いている中二病バリバリの痛い人でした。

警察を呼びましたが、被害届を出されるのを嫌がっていました。
その上どうせ見つからないからねぇと言っていたのが印象的です。
彼らははやり仕事しないのでしょう。

また買い漁ったので、特に影響はなかったです。

1日中やりたいことやっていました。
ゲームの大会に出たり、16歳で原付バイクの免許を取り、父にスーパーカブを買ってもらってどこまでも走っていったりしました。
ある種では、充実していた日々でした。

この頃の世界は小さく、矮小なものでした。
とても楽しい、世界でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年司法書士の結果が返ってきました。 [日記・感想]

記述足切り!

択一は余裕だったのですが、不登法記述で枠ズレしたのがいたすぎましたね。

来年は情報処理技術者試験系を受けようと思っているので、書士を受けるか悩むところ。
情報処理技術者試験の上級資格のほうが受かりそうな予感はしています。

なんだかんだと言って、一応受けちゃいそうな気はします。
情報処理技術者試験と司法書士の同時受験は中々ヘヴィーそう。

取り敢えず来月の行書は頑張ろう\(^o^)/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

税金から1人2000万の受給を受けていた利権団体是正へ。 [時事問題:政治]

10年ほど前のエントリーで不当に生活保護を受けているもの等の利権団体より遥かに多額な税金からの供与を受けている利権団体があるという事を問題提起しました。
残念ながら今更感がありますが、政府がやっと是正する意思を表示しました。

現在酷い反政府運動を続けているこの利権団体は、今まで以上に反政府運動を続けることでしょう。

彼らの主張は、特権階級以外の日本人は奴隷になり、朝鮮や中国に迎合し、幸福の国北朝鮮を崇拝しよう!と言うものです。
これをあまり賢明でない国民に流布し続けているのです。


電波オークション 政府が導入検討
http://www.sankei.com/politics/news/170912/plt1709120003-n1.html
総務省によると、27年度の電波利用料金の収入は総額約747億円。主な通信事業者やテレビ局の電波利用負担額は、NTTドコモ約201億円▽KDDI約131億円▽ソフトバンク約165億円▽NHK約21億円▽日本テレビ約5億円▽TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京約4億円-などとなっている。  同制度を導入している米国では、2014年11月から翌15年1月までに実施されたオークションで、3つの周波数帯が計約5兆円で落札されたという。  各事業者の負担額の適正性にも議論があり、経済評論家の上念司氏は「電波は国民の共有財産だ。携帯電話事業者に比べ、放送局の電波使用量は低い額に設定されている」と指摘する。


10年ほど前に試算した時は、1人あたり2000万くらいの税金から不当な供与を得ていたテレビ関係の従業員にとっては激震でしょう。
そろそろ税金から不当な供与を受け続けるのをやめろってことでしょうけど、まともな意見は左翼だらけのマスコミに潰されないかとても不安ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -